ニキビについてのABC!TOP > ニキビについて > 角質肥厚

角質肥厚がニキビの始まり!

 
ニキビができ始める原因は、毛穴の出口まわりの角質がゴワゴワに厚くなって毛穴が塞がるという角質肥厚です。

肌は、表皮、真皮、皮下組織の3つの層に分かれ、さらに表面になる表皮は、下に位置する基底層、有棘層、顆粒層、角質層に分かれます。

そして、新しい表皮細胞は基底層で生まれ、徐々に角質層まで押し上げられ、やがて古い細胞から順に垢となって剥がれ落ちます。

この肌が生まれ変わる新陳代謝のサイクルをターンオーバーと呼び、健康的な肌は約28日周期で行われます。

しかし、何らかの原因で、このターンオーバーが乱れ、角質層まで押し上げられた古い角質が剥がれ落ちずに肌表面に厚くゴワゴワに溜まってしまう状態が角質肥厚です。

また、この状態の角質層内は、潤いを保つ天然保湿因子やセラミドが失われていますので、ゴワゴワで硬く、化粧水を使用しても浸透しません。


このような角質肥厚に陥ってしまう原因は、いくつか考えられます。


1 乾燥による原因

保湿成分がしっかりと働いて潤っている肌は、正常にターンオーバーが行われますが、乾燥している肌は、ターンオーバーが乱れがちになり、古い角質も剥がれにくくなっています。

その結果、ゴワゴワの古い角質が表面に蓄積してしまう状態になります。


2 紫外線による原因

肌が強い紫外線を浴びると、紫外線などの外部の刺激から守ろうと防御反応が働きます。

すると、肌を守るために角質を厚くする角質肥厚が起こります。

また、紫外線は肌の乾燥にもつながります。


3 ゴシゴシと強く擦る原因

洗顔のときにゴシゴシと強く擦って洗ったり、洗顔後にタオルで強く擦ったりする行為も肌の防御反応が働き角質肥厚を起こすことになります。


4 ビタミンなどの栄養不足による原因

美肌のためにはビタミンAやビタミンB類が不可欠とされていますが、普段からバランスのいい食事を摂り、栄養が偏らないようにしなければなりません。


5 ホルモンバランスの乱れによる原因

男性ホルモンが角質肥厚を起こすという考えもあり、ストレスなどの影響でホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが増加して角質肥厚が起こるという恐れもあります。


6 加齢による原因

年齢を重ねるとともに老化の影響でターンオーバーは遅くなってしまいます。

その結果、角質肥厚が起こってしまいます。




 

ニキビについて記事一覧

ニキビのできはじめは・・・

ある日、突然にできてしまうニキビ。白く綺麗な肌にポツンと赤いニキビができていると、とても目立ってしまい、ショックで憂鬱な気分になってしまうのではないでしょうか。そん...

角質肥厚

ニキビができ始める原因は、毛穴の出口まわりの角質がゴワゴワに厚くなって毛穴が塞がるという角質肥厚です。肌は、表皮、真皮、皮下組織の3つの層に分かれ、さらに表面になる表皮は、...

アクネ菌

塞がった毛穴に皮脂が溜まり、炎症を起こして赤ニキビとして発症に大きく関係している細菌がアクネ菌です。アクネ菌は(propionibacterium acnes)といい、ブド...

お尻のニキビ

女性なら、お化粧などで1日に数回、鏡で自分の顔の肌の状態をチェックすると思いますので、もし顔にニキビなどができていれば、直ぐに気が付き、それなりの対処ができますが、これが、お尻の肌...