ニキビについてのABC!TOP > ニキビについて > ニキビのできはじめは・・・

角質が厚くなって毛穴が・・・

 
ある日、突然にできてしまうニキビ。

白く綺麗な肌にポツンと赤いニキビができていると、とても目立ってしまい、ショックで憂鬱な気分になってしまうのではないでしょうか。

そんなニキビは、どのようにしてできてしまうのでしょうか?

ニキビができはじめる最初の一歩は、毛穴の出口付近の角質が厚くなって毛穴が塞がることからです。

毛穴の出口の角質が厚くなってしまう角質肥厚は、ホルモンや免疫といった体内バランスの乱れが影響しますが、その他に、睡眠不足、乱れた食生活、ストレス、紫外線、肌の乾燥、加齢などの理由でホルモンバランスを崩したり、肌のターンオーバーが乱れることなどが原因として挙げられますが、原因は一つではなく、さまざまなことが絡み合って起こります。

しかし、角質肥厚については、まだまだ医学的に解明されていない部分が多いようです。

そして、塞がった毛穴の中では皮脂が詰まり、その皮脂を栄養源としてアクネ菌が過剰に繁殖して炎症が起こります。

炎症が起こると毛穴は赤く腫れ上がるようになり、これが、いわゆる赤ニキビという状態です。

その後、血液中の白血球が増殖したアクネ菌を攻撃して、さらに、炎症はひどくなり、膿を持ってブヨブヨの状態の「炎症性ニキビ」なり、最後は、膿が外に排出されたり、毛穴の中でゆっくりと吸収されたりします。

炎症が強すぎると凹んでニキビ痕が残る場合がありますが、炎症中につぶしたりして傷つけると、なかなか消えない痕やシミとして残ることもあるので要注意です。

このようにアクネ菌の繁殖がニキビ炎症につながりますので、昔から「アクネ菌がニキビの原因だから殺菌すればいい・・・」という考えがありますが、アクネ菌は肌表面のバランスを正常に保つために必要な皮膚の常在菌ですので、全て殺菌してしまう訳にはいきません。

多くの方が、ニキビは突然できるものと思いがちですが、表面にあらわれるまでには、毛穴の中で、いくつかの段階があり、ある程度の期間をかけて発生するものです。

表面にあらわれる前からの予防としてのケアが大切です。
 

ニキビについて記事一覧

ニキビのできはじめは・・・

ある日、突然にできてしまうニキビ。白く綺麗な肌にポツンと赤いニキビができていると、とても目立ってしまい、ショックで憂鬱な気分になってしまうのではないでしょうか。そん...

角質肥厚

ニキビができ始める原因は、毛穴の出口まわりの角質がゴワゴワに厚くなって毛穴が塞がるという角質肥厚です。肌は、表皮、真皮、皮下組織の3つの層に分かれ、さらに表面になる表皮は、...

アクネ菌

塞がった毛穴に皮脂が溜まり、炎症を起こして赤ニキビとして発症に大きく関係している細菌がアクネ菌です。アクネ菌は(propionibacterium acnes)といい、ブド...

お尻のニキビ

女性なら、お化粧などで1日に数回、鏡で自分の顔の肌の状態をチェックすると思いますので、もし顔にニキビなどができていれば、直ぐに気が付き、それなりの対処ができますが、これが、お尻の肌...